30cm水槽で楽園をめざす

小さな水槽を立ち上げました。水草・熱帯魚の飼育日記。

パイロットフィッシュにネオンテトラ


そして3日前。水槽の水を作るためのパイロットフィッシュには、ヤマトヌマエビより小型カラシン科がいいという情報を得る。ヤマトヌマエビのほうが水質の変化に弱いんだとか。
ネオンテトラを4匹入れてみました。慣れない環境が怖いのか、なかなか影から出てきません。もっと仲間がいれば、「みんなで出れば怖くない」の精神で出てくるのかな?
もし追加するならブラックネオンテトラを飼いたいと思っていたけど、この魚は名前が同じにもかかわらず、ネオンテトラとは違う魚だそうです。そして同種の仲間が最低5匹くらいいないと、
エサを食べなくなることもあるとか。
一方、グローライトテトラは同じ小型カラシン科の魚なら仲間だと思って群れるそうです。なんか可愛いですね。



水合わせキットも持っているのですが、いまいち使い方が分からないので、魚の入った袋を20分水槽に浮かべ、その後5分おきに袋の水をスポイトで抜いて、代わりに水槽の水を注入するというやり方にしました。
1時間後、ようやく水槽に放しました。



オートヒーターがダメダメ


タイトルの通りです。26℃に保つと書いてあったのに、26℃超えてもガンガン温度を上げ続けます。
60cm水槽にも使えるやつなので、強すぎるのかな?28℃に到達したらミクロソリウムがシダ病になるとの情報もゲットしたことだし、ヒーターは外しました。
将来、魚を飼うにあたってろ過の面で不安があったので、外掛けフィルターも設置しました。
ヤマトヌマエビを飼うために、ウィローモスも植えました。
前景草にはピグミーチェーン・サジタリア。買った店がヘアーグラスショートをおまけにくれたので、それも手前に植えてみました。実際見てみると、
ヘアーグラスってキレイですね。思わずもっと欲しくなりました(それが店の狙いか・・?)